秘密のケンミンSHOW、山口銘菓ういろうって?名古屋と違うの?

外郎イラスト

2018年5月3日放送。

山口銘菓 外道(ういろう)

ういろうって、名古屋の物じゃないの?

実は、隠れた長州銘菓です。

名古屋のういろうはさっくり割れるのに、山口のういろうは曲がって割れません。

甘さ控えめ、モチモチ、プルプルの和菓子です。

スポンサーリンク
レクタングル大

山口銘菓 外道のヒミツ

山口県山口市 御堀堂

昭和2年創業。

抹茶、白、黒外郎があります。

生は出来立て。真空パックは贈答用。

地元の方は、日持ちしない生を買うそうです。

ういろうの作り方

国産小豆と砂糖蜜を練った自家製餡を作る。

本わらび粉を水で溶き、餡と合わせ、型に流し込む。

20分蒸し、型押しでカット。

ういろうの歴史

山口県にういろうが伝わったのは室町時代、朝鮮半島から。

元は、わらびの根の粉・センを蒸した保存食でした。

御堀の福田屋という店が、甘味を加えてお菓子にしたのが始まり。

名古屋のういろうは、中国から伝わり、米粉で作られます。

山口のういろうのお取り寄せ


ほうえい堂 ひとつった外郎「ういろう」12本


ういろう 6本入 皇室献上銘菓 山口 外郎本外郎 ギフト 詰め合わせ 誕生日プレゼント お菓子 法事 お供え 引き出物 手土産 和菓子

山口ういろうを食べてみました

山口の外郎、これは美味しそう!

早速注文しました。

テレビに出て人気が出ちゃったのか、ちょっと待ちましたけど、待ったかいありましたよ。

頼んだのは、本多屋さんの外郎セット。


ういろう【送料無料】山口のういろう3点セット【和菓子】【山口名物】【外郎】【お試しセット】【送料無料】【スイーツ】【あす楽】

届いたのこちらの3つ。パンフレットつき。

「本多屋の外郎」は、抹茶2本、こしあん6本。

「おいでませ」は、小豆5本、抹茶5本。

「おいでませ」の季節限定は、今は抹茶と白隠元5本。

「本多屋の外郎」も「おいでませ」も、1本ずつパックされています。

「おいでませ」の方が、ちょっと短め。

とっても柔らかいです。たしかに曲げてみると、折れずにしんなり曲がります。

下の写真は「本多屋の外郎」のこしあんです。

見た目は、普通の羊羹よりもちょっと薄いかな。固めの水羊羹にも見えます。

でも食べてみると、水羊羹とも、羊羹とも、名古屋のういろうとも違います。

もっちりしていて、甘さが上品で、とても美味しい!

羊羹は何本も食べられませんが、これはたくさん食べたくなります。

自分用でも、贈り物でもオススメですよ。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする