教えてもらう前と後 夫婦げんか回避術・伝え方の極意!2択のお願いで家事を頼む方法

夫に背を向ける妻

2020年2月4日

使え方が大事!

人間関係を良くするための伝え方の極意、夫婦げんか回避術が紹介されました。

今夜から使える、家事を手伝ってもらえるお願いの言い方。

コピーライター佐々木圭一さんに聞いた魔法の伝え方とは?

スポンサーリンク
レクタングル大

伝え方の極意

2択のお願い

休日に夫に家事をしてもらうには、「掃除か洗濯ものたたむの、どっちかお願いできる?」と聞いてみましょう。

選択の自由を与えると、やってもらえる可能性が高くなります。

2択のお願いは、大人だけでなく、子どもにも有効。

遊んでばかりの子どもに、お風呂にするかご飯にするか選ばせると、すんなり行動します。

どちらを選んでも助かる選択肢で言いましょう。

嫌いなこと回避

注意する時は、嫌いなことを入れて言うこと。

便座をあげてトイレをしないでほしいときは、「トイレのふたを開けっぱなしにすると、金運が下がるらしいよ」

スマホを手放さない夫には、「スマホを使いすぎると、スマホ猫背で老けて見えるわよ」

ポストにチラシお断りと書く際には「不要なチラシは着払いで返送します」と書いておくと激減します。

大泉洋さんは、奥様に「部屋のドアを開けっぱなしで出かけると運気が下がる」と言われて、閉めるようになったそうです。

一緒には魔法の言葉

家事をやってくれた夫にダメ出ししたい時は、「もっとうまいやり方があるから一緒にやってみない?」と言う。

お皿を洗ってくれた夫に、「雑じゃない?」などと言っては怒らせてしまいます。

「一緒に」と誘われると、やってもいいかなという気持ちになります。

子どもに片づけをさせる時も「一緒にやろう」というと、短時間で片付けができます。

佐々木圭一さんの本

なぜ、伝え方で結果が変わるのか?この本で学べば、あなたのコトバが一瞬で強くなり、人生が変わります。

よかったらこちらもどうぞ。

話題のベストセラー「妻のトリセツ」。 夫が妻に言うと、絶望させてしまうセリフがあるそうですよ。 世の中の旦那様、大丈夫で...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする