教えてもらう前と後 夏野菜カレーレンジ10分レシピ&夏野菜の美味しい選び方

野菜カレーイラスト

2019年7月23日

旬の夏野菜は、夏バテ・熱中症・食欲減退にもってこいですね。

夏野菜の選び方と、夏野菜のカレーが紹介されたのでお伝えします。

  • アツアツのトウモロコシを5秒でキレイに簡単に剥く方法
  • 美味しくて甘いトマトの選び方・切り方
  • 苦みも少なく栄養価の高い夏ピーマンの切り方
  • 甘みの多い枝豆の選び方
  • 鮮度の良いナスの選び方
  • 大葉の香りが良い切り方
  • 10分で出来る絶品“夏野菜てんこ盛りカレーの作り方
スポンサーリンク
レクタングル大

夏野菜の得する選び方

トウモロコシ

トウモロコシは切り口が白い方が甘い。

レンジで加熱したトウモロコシの皮むきは、根元に近い部分を切って、穂先を持ち、上下の振ると5秒で出来ます。

トマト

真っ赤な赤いトマトがオススメ。赤いほどリコピン豊富。

おしりに白い線がある方が甘いトマトです。

トマトのゼリー部分は、疲労回復によいグルタミン酸が多い。

ゼリーが外に出ない切り方は、おしりの白い線と線の間を切る事。

ピーマン

苦味が少なく、栄養を逃さない切り方は縦切り。

縦状の繊維の中に、栄養素や苦み成分が含まれます。

輪切りよりも縦切りの方が、繊維が壊れにくいです。

緑色のピーマンが完熟すると赤ピーマンになります。苦み成分は減り、栄養価は増えます。

枝豆

実が小さくて、くびれがある枝豆が甘くておいしい枝豆。

実が大きくなると、大豆に近くなります。

ナス

ナスの鮮度はヘタでチェック。

トゲが痛いくらいピンと立っている方が、鮮度の良い美味しいナスです。

収穫後長時間たち、水分がなくなると、トゲが柔らかくなります。

大葉

食べる時にいい香りにするには、大葉をハサミでカット。

包丁で切るよりも美味しいです。

葉の裏のある香りの粒は、少し擦るだけでつぶれます。

包丁で切る時、大葉を手おさえるので、大葉が潰れて香りがなくなりやすくなります。

夏野菜てんこもりカレーレシピ

レンジの達人 タケムラ ダイさんのレシピです。

わずか10分で完成します。

材料 2人前

  • トマト 1個(中玉)
  • ピーマン 2個
  • ナス 1本(中)
  • トウモロコシ 1本
  • 枝豆 50g
  • 大葉 8枚
  • 市販のカレールー
  • ツナ缶(マグロ) 1缶
  • 醤油 小さじ1

作り方

  1. トマトはヘタを取り十字の切り込みを入れ、丸ごと耐熱容器に入れる。
  2. ナスとピーマンは、大きめに切って耐熱容器に入れる。
  3. 枝豆はさやのまま入れる。
  4. トウモロコシやレンジ加熱後、実をそぎ落として入れる。
  5. 少量の水を加える(野菜から水分が出るので、箱に書いている半分の分量)。
  6. 隠し味に醤油を入れる。
  7. 電子レンジ、600wで5分加熱。
  8. トマトをつぶし、かき混ぜる。
  9. 刻んだカレールーを溶かす。
  10. ツナ缶を入れる。
  11. 電子レンジ、600で3分加熱。
  12. 取り出して混ぜる。
  13. ハサミでカットした大葉を乗せて完成。
  14. お好みでタバスコをかけても美味しい。

よかったらこちらもどうぞ。

2019年7月23日 夏こそ、冷凍調理がオススメ。 冷凍シジミで作るお味噌汁、冷凍小松菜のおひたし、冷凍キノコで炊き込み...
2019年7月9日 3賢人が教える★超時短!楽はや美味しい料理講座 夕食作りにかかる時間は平均して50分…それが、たった...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告