マツコ盆踊り開催!盆オドラー佐藤智彦がマツコが知らない世界に登場

2018年8月14日放送「マツコの知らない世界」

毎年100ヵ所以上の盆踊りに参加する、佐藤智彦さんが登場。

盆踊りは最高の一体感を味わえるライブ!

レジェンド盆オドラーの盆踊りに、マツコさんも参加⁉

スポンサーリンク
レクタングル大

東京の盆踊り

東京都内で、推定300~400くらいは盆踊りがあるそうです。

佐藤さんは1日に、盆踊りをはしごします。

多い時は10か所はしごするって、本当!?

盆踊りシーズンのはじめと終わりでは、10キロくらい体重が落ちるそうです。

中州納涼会

中央区の高架下の盆踊り。

中央区ご当地ソングは「これだお江戸の盆ダンス」

四谷納涼踊り大会

新宿区四谷の盆踊り。

新宿二丁目盆踊り大会

新宿区太宗寺の盆踊り。

盆オドラー

全国の盆踊りの参加し続ける人たち。

佐藤さんが顔を知っているだけで、200~300人いるそうです。

いっちゃん・みっちゃん

岐阜県 郡上おどり

10種類の踊りがあり、「田植え作業」や「相撲」など1つ1つに由来があります。

いっちゃん・みっちゃんは、二人の動作のシンクロ素晴らしい。

酔登虎亭九鼠(よいとこていきゅうそ)さんと、とび喜代さん

大阪府 河内音頭

ゆったりとした「手踊り」と、活発で躍動的な「マメカチ踊り」の2種類の基本形があります。

酔登虎亭九鼠さんと、とび喜代さんは、河内音頭のドンとマドンナ。

ペア踊りは珍しい。

つぐみくん

東京都の盆踊り界の若き探究者。

手先の正確性に注目。

坂東菊太郎さん

東京都・亀有、盆踊り界の重要文化財。

坂東流は、江戸時代後期から続く名門で、日本舞踏の5大流派の1つ。

名前の男性ですが、女性です。

佐藤智彦さん

40歳目前で「盆踊り」に目覚めました。今年46歳。

お母さんとお姉さんは盆踊り狂いだったので、子どもの頃は盆踊りに反抗していたそうです。

38歳の時、築地本願寺の盆踊りでドはまりしました。

翌年には郡上八幡の郡上おどりを体験。

夏は盆踊りに行きまくる生活に。

盆踊りネーム:大ちゃん

盆踊りキュレーター、盆オドラー、踊り助平

岐阜県の郡上おどり・白鳥おどり、東京都内の盆踊りを中心に、各地の盆踊りをこよなく愛する、一匹狼の盆オドラー。

職業は、フリーランスでライフスタイル関連のprと販促、ライターをしているそうです。

佐藤さんのサイト → 大ちゃんの盆舞ログ

インスタグラム → tomohikos

こちらで連載を読むことができます。→ 佐藤智彦の〈今宵も盆悩まみれ〉

よかったらこちらもどうぞ。

マツコの知らない手打ち花火の世界、進化系ベスト3&盛り上がる仕掛け+メガネ



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告