マツコの知らない世界「怪獣の世界」ピグモン、ゴジラ、ヒドラから教訓を

公園の怪獣と子ども

10月24日のマツコの知らない世界

怪獣がただの悪役だと思っている人に伝えたい「良い子が育つ怪獣の世界」

50年間怪獣を研究し続ける元保育士・原坂一郎さん(61)が登場。

スポンサーリンク
レクタングル大

教科書に乗せたい学べる怪獣

ピグモン

ウルトラマンに登場の怪獣。シリーズ最高視聴率42.8%を記録した、第37話「小さな英雄」

人間に友好的な怪獣。怪獣の出現を教えてくれて、一緒に戦い行く親切な怪獣です。

敵の怪獣を倒すため、敵の視線を集め、一撃で殺されてしまいます。

教訓 置かれた場所でベストを尽くそう。


ウルトラ怪獣シリーズ 77 ピグモン

高原竜ヒドラ

ウルトラマンに登場する鳥型怪獣。1966年11月放送第20話「恐怖のルート87」

科学特捜隊に少年が現れ、ヒドラの出現を預言して消えてしまいます

少年の言う通り、ヒドラが現れ、車ばかりを狙います。

実はこの少年、車にはねられて死んでいたのです。ヒドラとは、少年がよく描いていた大好きな怪獣でした。

怪獣の背中に少年を見たウルトラマンは、意図的に怪獣を逃がします。

教訓 怪獣より恐ろしいものは身近にある!

当時、車は走る凶器と言われていました。

【中古】ウルトラ怪獣名鑑 ウルトラマン&ウルトラセブン 2nd SEASON EPISODES 恐怖のルート87 ヒドラ

社会への警鐘となった怪獣たち

ゴジラ

1954年「ゴジラ」 ビキニ環礁の水爆実験を受けて実験反対。

ヘドラ

1971年「ゴジラ対ヘドラ」 公害問題への警鐘。

ダストマン

1971年「スペクトルマン」 ゴミ問題への警鐘。

ペロリンガ星人

ウルトラセブン第45話「円盤がきた」に登場。

哲学的で、いい意味で変わっている実相寺昭雄監督の作品。

怪獣じゃなくて宇宙人です。サイケ宇宙人とも呼ばれます。

星を眺めるのが好きな青年が大量の円盤発見。ウルトラ警備隊に伝えるも最初は信じてもらえず…。

教訓 偏見を持たず、人の言葉に耳を傾けよう。

まとめ

怪獣を研究している原坂一郎さん。

怪獣をたくさん紹介してくれました。

最後には、怪獣博士の夢 オリジナル怪獣を作っちゃいました。

造形クリエーターの金森直史さん作。

教訓設定 ネットの間違った情報に左右されるな。

SNSへの警鐘を鳴らす怪獣。頭がアンテナ?になっていて、間違った情報を流すとスマホを壊し、正しい情報を流すと1000ギガくれるんですって。

マツコさんと名付け、その名も「キングマツコ」になりました。

原坂さんは、ただの怪獣マニアではありません。

こどもコンサルタントとして活躍しています。

著書もたくさんあります。


子どもの本当の気持ちが見えるようになる本 [ 原坂一郎 ]

以上、ふう@FuuNikkiがお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする