マツコの知らない軽井沢の世界!リノベカフェ&絶品グルメのお店

軽井沢看板

2019年7月2日

マツコの知らない世界~軽井沢の世界

軽井沢を40年間取材し地元情報誌を創刊した元編集長、女帝・広川小夜子さんと、娘の美愛さんが登場。

軽井沢のリノベカフェ&絶品グルメを紹介してくれました。

スポンサーリンク
レクタングル大

リノベカフェ

移住者の増加に伴いカフェが急増。

人口約2万人の街に、約230軒ものカフェがあります。

エロイーズカフェ

朝8時から15時まで営業。

こちらは元音楽ホール。

宣教師を両親に持つ音楽教師エロイーズが、1983年の青少年のために建てた音楽ホール。

老朽化して取り壊しも検討されたが、歴史的建造物としてほぼするため、2015年ホールをリノベーション。

宣教師が愛した「フレンチトースト(980円)」が名物。

軽井沢駅前の「山屋商店」の食パンを使用。

食べログ エロイーズカフェ

旧軽井沢 涼の音

大正時代に建てられた別荘をリノベーション。

当時の古いテーブルを修繕し使用。

朝ドラ「マッサン」のモデル小説「望郷」作者森瑤子が、1980年頃から5年間利用した場所。

絶賛カフェグルメは「モーニングセットB(キッシュ)(1200円)」

新鮮な地元野菜を使用したメニュー。

軽井沢グルメ

軽井沢に来たら、世界の料理を味わってほしい!

フランス、イタリア、スペイン、ネパールなど、12か国、1300店以上。

古くから様々な国の人たちや、上流階級の人が集まった軽井沢では、世界トップレベルの料理が味わえるのです。

イタリアンレストラン トラットリア プリモ

バーニャカウダ 1200円

食べログ トラットリア プリモ

ミハエル

ロシア貴族の愛した料理が楽しめるお店。

オーナーがロシア貴族の末裔。

軽井沢で最初にオープンテラスをはじめました。

「クリームチーズトルテ」は、レアのチーズケーキ風のお菓子でレーズンがアクセント。

「ロシアンティー」はジャムを紅茶で温めて味わいます。

食べログ ミハエル

軽井沢デリカテッセン

ドイツ人直伝の技術を今に残す名店。

ドイツの軍人だったヘルマン直伝、薪で燻した絶品ソーセージが楽しめます。

  • ボロナソーセージ 100g当たり280円
  • ウインナーソーセージ 100gあたり300g

食べログ 軽井沢デリカテッセン

エルミタージュ ドゥ タムラ

伝説の日本人シェフが作ったフレンチ。

田村シェフは、西麻布で人気を博した「ラフェドール」のオーナーを経て、軽井沢に移住した伝説のシェフ。

夏限定「桃のスープ(コース料理のみ)」が紹介されました。

食べログ エルミタージュ ドゥ タムラ

まとめ

軽井沢は新幹線開通後、移住者が増えているそうです。

移住に意外な理由は3つ。

  • 深夜営業の店がない。
  • コンビニは午後11時閉店。
  • カラオケなどの娯楽施設がない。

軽井沢の条例で、風紀維持のため、午後11時から午前6時までの営業や作業が禁止されています。

しかし、「不便さ」こそ軽井沢の魅力。

娯楽がない街だからこそ、早寝早起きになるそうです。

みなさんも、住んでみたくなりましたか?

よかったらこちらもどうぞ。

2019年4月23日 マツコの知らない世界~昭和ドライブインの世界~ 全国200以上のドライブインをまわった橋本倫史さん...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告