マツコの知らないサンバの世界!中島洋二がリオのカーニバル裏事情を紹介

5人のサンバダンサー

2019年7月2日

マツコの知らない世界~サンバの世界

23年連続リオのサンバカーニバルに出場している、サンバダンサー中島洋二さんが登場。

サンバの知られざる世界を紹介してくれました。

スポンサーリンク
レクタングル大

リオのカーニバル

実はプロスポーツ

サンバはブラジル・リオデジャネイロで開催。

サンバ専用会場は、サンボードロモ。

サンバはただの踊りではなく、賞金3億円をかけたプロスポーツ!

チーム対抗で夜の9時から翌朝6時まで踊り続けます。

SPチームは全14チーム。

SPチームの下には、A~Eリーグまであり、各11~15チームあります。

3億の賞金をもらうのは、SPチーム。

審査は、チームの「テーマの表現」、ダンスの表現、チームの統一感。

肉体の美しさも審査されます。下半身の前バリが外れたら減点。

チケットの値段は、2000円~1000万円!

歴史

18世紀にはじまり、キリストの復活を記念したイースターとかかわりがあります。

2~3月の4日間がカーニバル。

その後、46日間断食生活。4月にイースター。

断食の前にハメを外すのがカーニバルだったそうです。

サンバの真実

  • 優勝できないと赤字。費用をかけるので、優勝してトントン。
  • チームには観客席のチケット代の配分、自治体からの補助金がある。
  • 優勝するチームはだいたい予想できる(過去10年で4回優勝した演出家・優勝請負人がいる)
  • お金を払えば、一般の人でもサンバに出られる。

サンバのステップ

  1. 右足を前へ
  2. 左足を右足に寄せる
  3. 右足を後ろに下げる
  4. 1から3を逆足で繰り返す。

ポイントは腰を動かさずにステップすること。

中島洋二さん

中島さんはサンバ衣装を製作。

キジの羽根や装飾品は、タイや中国などで購入。

今日の衣装には、約450本のキジの羽根を使っているそうです。

1着作るのに、10日もかかります。年間約20着製作。

価格は20~25万。高いもので30から35万。

中島さんの作るサンバ衣装は、業界では有名なブランド。

丈夫で、水洗いしても壊れない、着やすいと、一流ダンサーからも製作依頼があります。

サンバ衣装を着た中島氏

https://jinzukan.myjcom.jp/tokyoshitamachi/post/571より引用

よかったらこちらもどうぞ。

2018年9月18日放送「マツコの知らない世界」 ステンドグラス職人の越前谷典生さんが登場。 思わず立ち止まりたくなる、ステンド...
2018年8月14日放送「マツコの知らない世界」 毎年100ヵ所以上の盆踊りに参加する、佐藤智彦さんが登場。 盆踊りは最高の一体...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告