ソレダメ、ゴーヤチャンプルーの格上げ技!名店「島のれん」直伝

2018年8月1日放送

夏バテ解消!炒め物の格上げワザ

沖縄料理の定番・ゴーヤチャンプルー。

杉並区の「沖縄ダイニング 島のれん」店主に教わりました。

ゴーヤーは、疲労効果のあるβカロテンが含まれます。

味の決め手、隠し味はウスターソース!

スポンサーリンク
レクタングル大

ゴーヤチャンプルー

豆腐の下ごしらえ

沖縄で使うのは、水分が少ない島豆腐。

木綿豆腐をキッチンペーパーで包み、電子レンジ600Wで5分間加熱。

これで水分が抜けて、島豆腐に近くなります。

ゴーヤの下ごしらえ

ゴーヤは均等に火が入る様に、厚みをそろえてスライス。スライサーがソレマル。

ゴーヤの苦みを消すには、こんぶ茶で!

1、ゴーヤ110gを袋に入れる。

2、水大さじ1、こんぶ茶小さじ半分を入れ、1分間もみこむ。

こんぶ茶の旨味成分グルタミン酸が、ゴーヤに吸収され、苦みを抑えます。

苦くないゴーヤの見分け方

ゴーヤの苦さは、表面のブツブツで見分けられます。

ブツブツが小さいと苦みが強く、大きいと苦みが弱い。

色は黄緑色のゴーヤが、緑色のゴーヤより苦みが弱い。

つまり、ブツブツが大きくて、黄緑色のゴーヤが苦みが少ないってことですね。

味付け

1、豆腐とスパムを焼き色がつくまで炒める。

2、ゴーヤを入れ、さっと炒める。

3、水大さじ2、和風だし少々、醤油小さじ半分を加える。

4、隠し味にウスターソース小さじ半分を加える。

5、卵でとじたら完成。

よかったらこちらもどうぞ。

ソレダメ!ナス味噌炒めの格上げ技、名店「なかよし」直伝

ソレダメ、豚キムチ炒めの格上げ技!名店「新興苑」直伝

作ってみました

普段、あまりゴーヤは買いません。

苦いイメージが強くてさけていました。

以前作ったゴーヤチャンプルーが苦かったので…。

本当に昆布茶で苦みがとれるのか、実際作ってみました。

豆腐の下ごしらえ

まずは豆腐の下ごしらえ。

普通の木綿豆腐にキッチンペーパーを巻いて、レンジでチン。

かなり水分が出ます。キッチンペーパーはびちょびちょです。

食べやすい大きさに切ります。

豆腐の電子レンジ加熱は、私も豆腐ステーキなどを作る時やっていました。

短時間で水切りできるので、時短になります。

ゴーヤの下ごしらえ

次にゴーヤの下ごしらえ。

あまり緑色が濃すぎない、粒々が大きめなものを選んで買いました。

縦に半分に切ってワタをスプーンで取り除き、薄切りに。

うちのスライサーは薄切りになりすぎるので、包丁で切りました。

ポリ袋にゴーヤ、水、昆布茶を入れてもみます。

ゴーヤは重さを測ったら170gくらいあったので、水と、昆布茶もその分多めに使いました。

味付け

スパムはこちらを使いました。

切った木綿豆腐と、スパムを先に炒めます。

豆腐もしっかり水切りしてあるので、炒めやすいです。

下ごしらえしたゴーヤも加えて炒めます。

味付けは、水大さじ2、和風だし少々、醤油小さじ半分。

隠し味にウスターソース小さじ半分。

卵でとじて出来上がり。

以前作ったゴーヤチャンプルーに比べて、苦みはとても少なかったです。

昆布茶の下ごしらえでのおかげで、ゴーヤの苦みが減っています。

昆布茶は味付けにもなっていて、ゴーヤを食べやすくしてくれます。昆布茶って、使える調味料なんだなあ。

隠し味のウスターソースは、そこまでわかりません。

とても美味しかったですよ。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告