ソレダメ腹ペタ体操のやり方!3日で-6㎝「奇跡の3日腹ペタ」

下腹を気にする女性

2019年5月29日。

ぽっこりお腹があっという間に解消する「腹ペタ体操」が紹介されました。

ぽっこりお腹の原因は、実は浅い呼吸!

浅い呼吸では肺全体がふくまらず背中の筋肉が硬くなり、内臓が前に押し出され、ポッコリお腹の原因に。

整体師森田敦史さんに教わりました。

スポンサーリンク
レクタングル大

呼吸チェック

1、深呼吸する時、あごが上むきになる。

2、ドアノブを回すとき、必要以上に力が入る。

3、座ると、つま先立ちになる。

4、靴下をはく時、息が止まる。

2つ以上で要注意。

腹ペタ体操のやり方

たった3日で、ほっそりお腹になりますよ。

正しい呼吸法

呼吸は、鼻から吸って口から吐きます。

  1. 「ニー」と口を作り、鼻から5秒で息を吸う。
  2. スーッと音を立てて8秒で息を吐く(お腹をへこます意識で)。

背中を柔らかくする体操

  1. 手を合わせて、肘をくっつけながらうずくまる。
  2. 口をニーとして、5秒鼻から息を吸う。
  3. 8秒でスーッと音を立てて口から息を吐く。

椅子に座って行います。

上半身を丸めて深い呼吸をすることで、背中に十分空気が入って柔らかくなります。

1日5回から始めましょう。

お腹をへこませる体操

  1. 鼻から息を吸いながら、手を斜め上にあげる。
  2. 8秒で口から息を吐く。
  3. 5秒で鼻から息を吸い力を抜く。

内蔵の位置を戻し、ポッコリお腹を解消する体操です。

息を吐く時は、お腹をへこませる意識で行います。

これも、1日5回くらいからスタート。大丈夫なら回数を増やしましょう。

腹ペタの本

「梅ズバ」でも、腹ペタ体操が紹介されていました。

よかったらこちらもどうぞ。

2018年10月24日放送 「梅沢富美男のズバッと聞きます!」 下腹ポッコリが消えたと話題の腹ペタ体操 女性に悩み1位は、...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告