ソレダメ肝臓にいい食べ物!寝起きの悪さにチーズ、足のむくみに鶏胸肉

2018年12月12日放送。

年末の不調を解消!肝臓の新常識。

紹介された新常識をお伝えします。

・寝起きの悪さにスライスチーズ

・足のむくみに鶏胸肉

・疲れやすさにブロッコリー

・肝臓の機能を助けるには太ももを鍛える

スポンサーリンク
レクタングル大

朝のめざめの悪さにチーズ

肝臓は脳に必要なブドウ糖を貯蓄。24時間体制で、脳に供給します。

肝機能が低下すると、ブドウ糖の貯蓄が減り、朝スッキリ目覚められないことも…。

朝のめざめを得するために、朝食にスライスチーズを1枚食べる!

チーズのオルニチンがいいそうです。

疲労原因の一つアンモニアを解毒するのが肝臓の仕事。オルチニンで解毒作用を高めます。

しじみでもいいです。

朝オルニチンをとると、肝臓はその日1日の食事でとったエネルギーを吸収できます。

足のむくみ解消に鶏むね肉

手足のむくみの原因は、血管の外側に溜まった水分。

肝臓で作られるアルブミンが、水分を血管に取り込んでくれます。

毎日鶏胸肉を、50g食べるといい!

鶏胸肉のタンパク質がアルブミンを作ります。

鶏胸肉は肉の中でもタンパク質の含有量がNO.1。

タンパク質は体に蓄えておけないので、3食に分けてとること。

疲れやすくてだるいのは?

肝臓の中性脂肪が溜まると、疲れやすくなります。

肝機能が低下すると、体全体のエネルギー不足になります。

さらにエネルギーになるはずに栄養素が、中性脂肪となり肝臓に貯まる悪循環。

疲れやすさを解消するには、ブロッコリーを食べること。

ブロッコリーのビタミンCが、L-カルニチンを作り、脂肪を燃焼。

茹でるより、レンチンすると、ビタミンCが流れ出ません。ビタミンCは水溶性のため。

太ももを鍛える

肝臓と同じ働くをしてくれるのが、太もも。

肝臓を補う筋肉の働きは、

・ブドウ糖を蓄える

・アミノ酸の分解

・血糖の調整

・アンモニア代謝

・脂肪燃焼の働き

太ももは筋肉量が1番多いので、鍛えた方が良いそうです。

鍛えるには、階段を降りることから始めましょう。

同じ日の内容です。よかったらこちらもどうぞ。

ソレダメ野菜の目利き&冬野菜鍋レシピ!定番+マッシュルーム・カリフラワー

ソレダメ、そばのルチンで健康に!乾麺の茹で方&薬味にえごま&そば団子



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告