名医のTHE太鼓判 お肉ダイエット!ミートファーストは夜だけで痩せる?

ステーキ

2019年3月11日。

お肉を食べて、ダイエット⁉

意外と思いますが、実はお肉が健康に良いのです。

お肉は太るのではなく、タンパク質豊富で、食べ方を変えると健康長寿に。

お肉で健康になる名医の太鼓判の内容をまとめました。

  • ミートファーストダイエットのやり方
  • 悪玉コレステロール改善するお肉の食べ方
  • 栄養満点ハンバーグの作り方
スポンサーリンク
レクタングル大

ミートファーストダイエット

痩せる肉の食べ方

スリム体型・中山忍さんと、メタボ体型・信江勇さんの焼肉の食べ方は大きな違いがありました。

痩せる食べ方は、ミートファースト。

お肉と一緒にご飯を食べるのではなく、お肉を先に食べてからご飯を食べるのが、痩せやる食べ方。

ベジタブルファーストは、野菜から先に食べて余分な糖質や脂質の吸収を抑える食事法。

実はそれよりもミートファーストの方が、効果絶大だとか。

何故肉で痩せる?

血糖値の上昇の抑制

お肉を先に食べるとインクレチン増え、胃腸の働きを緩やかにして血糖値の上昇を抑えます。

お年寄りや女性など食べる量が少ない人は、ベジファーストよりも、ミートファーストがおすすめ。

最初に野菜を食べてしまうと、肉をとる量がへってしまうので。

脂肪燃焼

お肉に含まれるL-カルニチンが、脂肪燃焼を助けます。

脂肪を燃焼しエネルギーに変えるミトコンドリアに、脂肪を運ぶのがL-カルニチン。

牛肉に多く含まれます。特に赤身に多いです。

食欲抑制

・タンパク質を摂取すると、脳に満足感を与え食欲が減ります。

・噛む回数が増え、満腹中枢を刺激、内臓脂肪を燃焼、ストレス食いを予防します。

一週間お肉ダイエット

ルールは2つ

1、朝食・昼食に制限なし。

2、夕食は150gの赤身肉を8割ほど先に食べる。その後は炭水化物を食べてもいい。

信江勇さんは一週間で、-7.7キロ痩せました。ウエストはー7㎝。

一週間ミートファーストダイエットに挑戦した女性は、痩せただけでなく、中性脂肪の値も改善されました。

悪玉コレステロール改善する肉の食べ方

豚肉で悪玉コレステロール改善

LDL=悪玉コレステロールは、動脈硬化を起こし、脳卒中などの原因に…

歩くオリーブオイルと呼ばれる豚肉。

オレイン酸が、血中の悪玉コレステロールのみを減らします。

豚バラ肉100g中のオレイン酸は約14g。

(オリーブオイル大さじ1のオレイン酸は約9g)

オレイン酸に加え、ステアリン酸、リノール酸など、悪玉コレステロール低下成分が多く含まれています。

オレイン酸が多いと、甘味が増し、口どけが良くなり、美味しくなります。

一週間豚肉生活

・3食のうち1食を豚肉料理にする。

・調理法は自由。

・1日の豚肉摂取量は100~150g。

脂質異常症の渡部絵美さんの悪玉コレステロール値は、標準に改善されました(147㎎/dⅬ→96㎎/dⅬ)。

栄養満点ハンバーグの作り方

玉ねぎを刻む

アリシンは玉ねぎを細かく刻むと出てくる成分。

血流改善や血糖値の上昇を抑制します。

包丁で刻んでも、チョッパーなどの道具を使っても問題ありません。

玉ねぎは生のまま使う

玉ねぎは炒めない方がいい!

生のタマネギのアリシンは、豚肉のビタミンB1の吸収率を上げます。

しかしアリシンは熱に弱いので、炒めると効果を失います。

一度ビタミンB1と合わさると熱に強くなるので、生のタマネギと豚肉を合わせてハンバーグを作る方が良いそうです。

低温で焼く

最初は強火で焼く方が多いでしょうか? でもそれはNG。

肉汁の中にも栄養があるので、低温で調理して、肉汁をお肉の中に閉じ込めます。

  1. 冷めたフライパンから弱火で焼く。
  2. 下半分が白くなったら返す。
  3. 弱火で10分焼く。

焼け具合の確認

挽肉料理は、しっかりと中まで火を通すこと。

串を刺した時に、中から透明な汁が出ていればOK。

赤く濁った肉汁なら、まだ火が通っていません。

栄養バランスの決め手はソース

デミグラスソースよりも、実は照り焼きソースの方が糖質が多い!

照り焼きソースの材料、砂糖とみりんは糖質が多いためです。

糖質が気になる人は他のソースで食べましょう。

30gあたりの糖質比較を参考にしてください。

  • 照り焼きソース  22.5g
  • デミグラスソース 9.9g
  • オニオンソース  7.8g
  • おろしソース   6.6g

工藤孝文先生の本

ミートファーストダイエットを教えてくれてた工藤先生。

痩身の本を多く出しています。


【新品】【本】痩せグセの法則 運動は一切ナシのダイエット法教えます 工藤孝文/監修



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告