林修の今でしょ講座キムチの乳酸菌で腸を元気に!最強の食べ方ベスト3

キムチ

2020年4月28日

乳酸菌のパワーで元気に!

林修の今でしょ講座では、ヨーグルトVSキムチが紹介されました。

最強発酵食品対決の勝者はどっち?

こちらではキムチについてまとめています。

スポンサーリンク
レクタングル大

キムチの乳酸菌パワー

乳酸菌の種類

キムチ…野菜などで育つ植物性乳酸菌。

ヨーグルト…乳製品などで育つ動物性乳酸菌

植物性乳酸菌のほうが、胃酸に強いので、生きて腸まで届きやすい。

乳酸菌がより多いのはどんな白菜キムチ?

キムチが酸っぱいのは、乳酸菌が酸味を増やすため。乳酸菌が多いほど酸っぱくなります。

辛いキムチ、甘いキムチ、すっぱいキムチなら、すっぱいキムチがおすすめ。

1日の適量は?

キムチの乳酸菌パワーを効果的に得られるのは、1日50g。小皿1杯分程度。

一度に多く摂るよりも、毎日食べることが大事。

おすすめの食べ方は?

キムチの弱点は熱。

熱を加えると乳酸菌パワーが減ってしまいます。

そのまま生で食べるのがおすすめ。

キムチに限らず乳酸菌のほとんどは60℃以上に熱すると死んでしまいます。

鍋に入れる時は、最後に火を止めてから入れるといいでしょう。

最強の食べ方ベスト3

1位 キムチわかめ

2位 キムチ納豆

3位 キムチ豆腐

わかめの水溶性食物繊維は、腸にいる善玉菌の最高の食べ物になります。

善玉菌が水溶性食物繊維を食べてパワーアップし、さらにキムチの乳酸菌が善玉菌を活性化。

まとめ

キムチは漬物の中では、梅干しやたくあんに比べると、塩分は控えめ。

ニンニクが入っているので匂いが気になりますが、キムチを食べた後牛乳を飲んだり、ヨーグルトを食べると良いそうです。

番組の最後に、ヨーグルトにキムチを入れて食べていましたが、辛いのが苦手な人は食べやすくなるかな?

サラダっぽくなるような気もしますが、どうでしょう?

今度食べてみようと思います。

よかったらこちらもどうぞ。

2020年4月28日 乳酸菌で腸を元気にして免疫力アップ! 乳酸菌パワーを生かす選び方・食べ方、ご存じですか? ...
2018年9月25日放送。 健康長寿が常備する、キムチ、カニカマ、玉ねぎパワーSP こちらでは、大腸を老けさせないキムチ...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする