林修の今でしょ講座「みかん」栄養と食べ方見分け方!動脈硬化・骨粗しょう症予防

2018年11月20日放送。

日本の冬の味覚、みかんに秘められたパワーSP!

みかんで健康長寿!?

動脈硬化・骨粗しょう症・冷え性・肥満を防ぐ、食べ方&選び方。

旭川医科大学教授 太田嗣人先生に教えてもらいました。

みかんは1日3個食べましょう。

・実で動脈硬化・骨粗しょう症予防

・スジで冷え性予防

・皮で肥満防止

スポンサーリンク
レクタングル大




実で動脈硬化予防

三ケ日町研究

1日3個のみかんが、動脈硬化のリスクを最大45%減少させる!

みかんの産地・三ヶ日町の住民30~70代、男女約1000人の10年にわたる健康調査で、みかんをある程度食べていると、動脈硬化のリスクが減少するという結果になりました。

3個なら糖分の摂りすぎにならず、効果が得られます。

糖尿病の発症リスクも減らすことができます。

βークリプトキサンチン

心筋梗塞や脳卒中のリスクを減らすには、血管を老けさせないことが大事。

みかんは、βークリプトキサンチンが豊富。オレンジの約15倍。

抗酸化成分で、老化の原因である活性酸素の働きを抑えます。これが血管を老けさせないそうです。

血管に残りやすい成分なので、みかんを食べることで3か月~半年は体内に残るという研究結果も出ています。

酸っぱいみかんよりも、甘いみかんの方がおすすめ。

甘いほど、βークリプトキサンチンの量が増えます。

みかんを食べるタイミング

食事の後がオススメ。

βークリプトキサンチンは脂溶性。

食事でとった脂に溶けて、体への吸収率が上昇します。

サラダなど、食事に取り入れるのもアリ。

焼きみかんは、βークリプトキサンチンが壊れてしまうのでオススメしません。

甘いみかんの見分け方

みかんの皮と軸での見分け方

甘いみかんは、皮がシワシワのみかん。軸が細ければなお良し。

みかんは水分量が多いと、糖分が少なくなります。

ヘタの軸は、太いよりも細い方が甘い。軸が太いと水分が多いので甘さが減少。

皮は、ツルツルよりもシワシワの方が甘い。夏場の水分不足でシワシワになるため。

箱での見分け方

箱に書かれた等級をチェック。

甘いものが「秀」、次に甘いのが「優」、その下は無印。

ただし等級は、全国統一ではありません。

実で骨粗しょう症予防

みかんで骨を丈夫に

三ケ日町研究で、1日3個のみかんで、骨粗しょう症のリスクが減ったという結果が出ています。

・βークリプトキサンチンは、骨の破壊も防ぎます。

・ビタミンCが、骨を丈夫に保ちます。

良い食べ合わせは、カルシウムの多いものと一緒にとる!

みかんヨーグルトなどは、乳製品の脂質が、βークリプトキサンチンの吸収を助けます。

魚などと一緒にとるのもオススメ。

機能性表示食品

「機能性表示食品」とは、「健康に役立つ」と表示することを消費者庁に申請し、事業者の責任において販売している食品。

みかんの箱に、「機能性表示食品」の表示があるものもあります。


三ケ日みかん【秀品】Sサイズ3キロ(36個前後)【三ヶ日みかん(みっかびみかん)】


三ケ日みかん(みっかびみかん)【優品】Lサイズ5キロ(38個前後)(三ヶ日みかん)

スジで冷え性予防

ヘスペリジン

みかんの筋に含まれるヘスペリジンは、毛細血管の壁を強くする働きがあります。

毛細血管が増えれば全身の血流が良くなり、冷え性改善に。

免疫力もあげ、風邪予防にも期待できます。

みかんのヘスペリジン量は、100g中、

果肉(砂じょう)…95㎎

中果皮(スジなども含む)…3800㎎

みかんの鮮度を保つには

鮮度を保つには、ヘタを下にむけて置くと良い。

ヘタからの方が水分が蒸発しやすいため。

皮で肥満予防

陳皮(ちんぴ)

みかんの皮を干した漢方薬の材料。

効能は、消化不良・胃酸過多・せき・冷えなど。

リモネン

リモネンは、みかんの皮に含まれる油成分。

みかんの皮の匂いを嗅ぐだけで、肥満予防に。

みかんの皮をネットに入れて、お風呂に入れるのが簡単。

皮を干してお茶にブレンドするのもオススメ。

皮の意外な活用法

みかんの皮は魚のエサに加工し、生臭さが消え鮮度が長持ちする「みかん鯛」が養殖されています。

リモネンは油を落とすパワーもあるので、油性マジックやコンロの油汚れがとれるそうです。

食べてみました

1日3個のみかんで健康に!

もうじき、こたつでみかんの季節ですね。

みかんはビタミンCがあって風邪をひかないなんて、聞いたことがありましたが、色々な栄養効果があるのですね。

白いスジはないほうが美味しいですが、これからはとらずに食べた方がいいのかな。

美味しいみかんの見分け方をやっていたので、早速食べ比べてみました。

箱買いした小ぶりのみかん。

皮はシワシワのはなかったので、ヘタの太さで比較しました。

右がヘタが太いもの、左がヘタが細いもの。

同じ大きさ、同じ品種ですが、確かにヘタが細い方が甘かったです。

本当に味が違うんだなあ。

箱に入っていたみかんを見てみると、ヘタが太いものの方がやや多かったかな。

箱には等級が書いてなかったので、一番下のランクだったよう。

今度買う時は、箱もチェックしたいと思います。

よかったらこちらもどうぞ。

林修の今でしょ講座・おでん具材ベスト5!免疫力アップでインフル予防

林修の今でしょ講座、カニかまは筋肉をつける最強食材!赤い着色はトマトとパプリカ

林修の今でしょ講座 緑茶の正しいとり方&お茶がらレシピ【お茶の健康効果】



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする