林修の今でしょ講座 豚肉VS鶏肉!栄養アップの食べ方は?

豚肉

2020年4月14日

豚肉VS鶏肉 免疫力UPNo.1食材はどっち?

豚肉と鶏肉の健康パワーが解説されたので、まとめてお伝えします。

豚肉

  • 免疫細胞を作る
  • 血管を元気に
  • 記憶力の低下防止

鶏肉

  • 粘膜を丈夫に
  • 骨を強くする
  • 筋肉疲労を回復
スポンサーリンク
レクタングル大

豚肉の健康効果

免疫細胞をつくる

豚肉はビタミンB1が豊富。全食品の中で、一番豚肉に多く含まれます。

100g中の含有量は、豚ヒレ肉がトップ。

ビタミンB1の量は、豚肉は鶏肉の約10倍です。

免疫細胞が一番多く集まっているのは、腸。約6~7割が集まります。

免疫細胞の集まる集会場(パイエル板)は、ビタミンB1が不足すると小さくなってしまいます。

日常的にビタミンB1をとれば、1~2週間で大きさは元に戻ります。

豚肉+アリシン

長寿の村(沖縄北中城村)のご長寿に豚肉レシピを聞きました。

豚肉とキャベツのにんにく炒め

  1. 豚肉、キャベツをにんにくと炒める
  2. 豆腐を入れる
  3. 醤油、だしの素で味付け。

ニンニクに含まれるアリシンは、ビタミンB1の吸収を約10倍にしてくれます。

アリシンは玉ねぎ、ニラにも含まれるので、豚キムチも理にかなっています。

血管を元気に

豚肉の脂質の含まれる成分アラキドン酸が含まれます

アラキドン酸をとると、体内で血管を元気にするアナンダマイドに変身。

血管を拡張し、高血圧や血栓の予防に役立ちます。

豚レバーには、血管を元気にする成分が多いです。

沖縄では豚レバーを入れた汁ものチムシンジは、病人の滋養食として食べられていました。

記憶力の低下防止

豚肉のビタミンB1は、神経細胞が減るのを押さえ、記憶力の低下を防止します。

食後のオレンジジュース

ビタミンB1は、食事でとった栄養をエネルギーに変換。

食後にオレンジジュースを飲むのがおすすめ。

クエン酸が、ビタミンB1を合わさって、エネルギーを作る効率がアップ。

酢豚のパイナップルも、クエン酸が多くおすすめです。

鶏肉の健康効果

粘膜を丈夫に

皮膚や粘膜は肌にうるおうバリアを作ります。

ビタミンAが不足すると感染から守れなくなります。

肌が乾燥したら、ビタミンA不足のサイン。

ビタミンAは緑黄色野菜のイメージありますが、鶏レバーはニンジンの約20倍。

ビタミンAは脂溶性なので、油と一緒に取ると良いそうです。

骨を丈夫に

コラーゲンとビタミンKが、骨を丈夫にします。

コラーゲンによって、しなやかで丈夫な骨が作られます。

部位別では、鶏軟骨にコラーゲンが多く含まれます。

ビタミンKが、コラーゲンの働きを助けます。

特に鶏皮にビタミンKが豊富です。

鹿児島では鶏飯や、さつま汁を食べます。

さつま汁にはサツマイモが入っています。

サツマイモはビタミンCが豊富。コラーゲンを作るのにビタミンCは必須。から揚げにレモンを絞るのも良いそうです。

筋肉疲労を回復

鶏肉に豊富な抗酸化物質・イミダゾールペプチドが肉体疲労を回復。

イミダゾールペプチドは、24時間効果が持続します。

豚肉の約2倍、牛肉の約5倍。特にムネ肉に豊富。

1日50gのムネ肉を毎日、特に朝とるといいでしょう。

水溶性なので、煮汁も一緒に取ること。

木村拓哉シェフ考案 鶏胸肉のぶっかけご飯

  1. 鶏の胸肉、玉ねぎを出汁で煮込む
  2. 溶き卵を入れる
  3. ご飯にかける

鶏胸肉の納豆梅あえ

  • むねにく、納豆、梅干に麺つゆをかけて混ぜるだけ。

納豆のビタミンKが骨を丈夫に。

梅干のクエン酸が疲労回復。

まとめ

豚肉も鶏肉も、お手頃価格で美味しいですよね。

豚の生姜焼きのタレに、梅酒を足す漬け込むと柔らかくなるそうです。

みりんの代わりに使うといいそうですよ。

よかったらこちらもどうぞ。

2020年3月10日 バターで健康長寿? 免疫力強化や脳活性など意外な関係が明らかに? 林修の今でしょ講座で紹介さ...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする