秘密のケンミンSHOW、東筑軒かしわめしは博多名物駅弁!北九州で愛されて100年

2018年4月12日放送。

福岡ケンミンは鶏肉好き。

水炊き、鶏皮、うどんのお供のかしわおにぎりなど。

その中でも、福岡ケンミンに100年愛され続ける、北九州名物駅弁「かしわめし」とは?

スポンサーリンク
レクタングル大




東筑軒のかしわめし

JR九州・折尾駅の名物駅弁。

折尾駅では懐かしの立ち売りスタイル。

新幹線など大きな駅でも、デパートなどでも売られています。

北九州を中心に20店舗で購入可能。

みなさん、電車の中ではなく、駅で買ってお家で食べるそうです。

そぼろは甘く煮てあります。ご飯も白米ではなく、鶏の旨味が詰まった甘辛味。

1日3000個売れます。

作り方

巨大なべで鶏(もも、むね)を1時間煮て冷やし、削ります。

削ったものを、醤油・砂糖・みりん・酒などで味付け、1時間ほど煮込みながらほぐします。

かしわめしの調味料(ナゾの白い粉)の調合は、創業家の女性しか知りません。

秘伝の調味料に、九州の甘い醤油、鶏のダシ、鶏の脂を入れた調味液で炊きます。

上に、鶏、卵、海苔をかけてキレイな三食に。

大正10年、当時駅員だった創業者が、郷土色を生かした駅弁を作ろうと考案しました。

かしわめし(小)670円、(大)770円

鉢盛かしわめし 5140円は、駅弁の6倍の巨大かしわめし。

東筑軒

駅のかしわうどん

調べてみましたが、東筑軒のお弁当は九州に行かないと買えません。

九州でも、空港では売っていないそうです。

その代わり東筑軒は、かしわうどんの通販があります。

駅弁販売だけでなく、駅などの立ち食いうどんの店も展開している様子。

食べログ 東筑軒 本社うどん店

特製のかしわ肉、ダシ、冷凍うどんのセット。コレも美味しそう。


折尾東筑軒 駅のかしわうどん



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする