教えてもらう前と後、食器3大トレンド!益子焼&ハイブリット&極薄食器

2019年4月23日。

食器棚をのぞく企画で、素敵なお皿が紹介されました。

伺ったのは、原田沙奈子さん(38歳)のお宅。

アパレルブランドディレクターで、夫・3歳の娘さん・犬と暮らしています。

インスタに料理を投稿する人気インスタグラマーで、料理本まで出しています。

食器のプロ 矢島里佳さんがチェックしました。

全部で114種類から、特に注目すべきトレンドは3つ!

スポンサーリンク
レクタングル大

食器の3大トレンド

益子焼

益子焼は166年前(江戸時代)に誕生。

栃木県芳賀郡益子町には、大小あわせて約250の窯元があります。

駅弁の峠の釜めしの器も益子焼です。

美しい光沢がある益子焼が代表的。

でも最近は、家の明かりに反射しない、つやのないマットな益子焼が人気です。

ハイブリット

2枚の食器が1枚になったようなお皿。

インスタ映えするので、今大流行。

セレッティハイブリット皿はイタリアブランドの物。

2枚の皿を合わせているように見えて、最初から1枚で作られたお皿。

裏を見ると継ぎ目がありません。

東洋と西洋を半分ずつ。

西洋は色は少なくシンプルで、東洋はカラフルで細かいのが特徴です。

村上祐仁作、極薄食器

静岡県の若き天才が作る極薄食器。

厚さわずか2ミリ。

陶芸作家・村上裕仁氏のサイトはこちらです。https://yuji-murakami.shopinfo.jp/

東京渋谷区のショップ「AELU」で購入できます。

東京都渋谷区西原3丁目12−14

ロコナビ AELU

まとめ

ハイブリットは初めて見ました。ちょっとびっくりです。

原田さんは「1つのお皿に3つよそうものが頭に浮かんだら買っていい」と、お母様に教わったそうです。

原田沙奈子さんの本はこちらですよ。

よかったらこちらもどうぞ。

2019年4月23日。 3賢人に教わるおにぎりのワザが紹介されました。 教えてくれたのはこの3人 ・ミシュランガイ...
2019年3月12日。 プロが愛用するキッチン道具を大公開! 長年自宅で使っている、一生使えるプロ愛用グッズ。 ハンドジュ...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告