マツコの知らないムーの世界!オカルト雑誌の魅力&オススメパワースポット

UFOイラスト

2019年8月13日

マツコの知らない世界~ムーの世界~

日本のオカルト界、最後の砦といっても過言ではない雑誌「月刊ムー」。

そんな「月刊ムーの世界」を語るのは、ムーを読み続けて人生を学んだという男、石原誠さんが登場。

「不景気やコンプライアンスやらで心に余裕がなくなって、オカルト番組や文化がどんどんなくなっている!日本の皆さんに、オカルトを受け入れる余裕を持って欲しい!」と主張。

スポンサーリンク
レクタングル大

月刊ムーの人気の秘密

ムー鉄板のジャンル

  1. 予言
  2. 宇宙人・UFO
  3. 都市伝説
  4. 古代文明・遺跡
  5. 超能力
  6. 心霊
  7. UMA
  8. 未来科学
  9. 占い
  10. 探検

ムーから学ぶ人生の教訓

  • 失敗は振り返らない
  • 時には強引に突き進む
  • 目立たずに生きる

パワースポット

女性には、占いやパワースポットが人気。

「パワースポット」という言葉も、ムーが広めました。

千葉神社

北極星の神様で、境内全体がパワースポット。

妙見様は、災難を取り除き、敵を退け、人の寿命を延ばす福徳があります。

マツコさんが七五三をした神社だそうですよ。

分杭峠(長野県)

トップオブパワースポット。標高1424m

中央構造線のほぼ真上にあり、地磁気の+と-が打ち消し合い、「ゼロ磁場」を生み出していると言われています。

ムーでも特集が組まれ、聖域の岬、富士山と共に、日本3大パワースポットに数えられます。

年間2万人が訪れます。

写真をとると、オーラやオーブ(光の玉)がうつることがあります。

月刊ムー

1979年創刊 40周年。

日本で最も歴史あるオカルト専門誌。

ムー民と呼ばれる熱烈な読者には、藤原竜也さん、小日向文世さんなど芸能人も多数。

石原まこちん

石原さんは10歳の時、銭湯帰りに宇宙人を目撃。

高校卒業後、就職後3日で辞め、ニート生活中「ムー」で現実逃避。

24歳で漫画「THE3名様」連載スタート。ペンネームは石原まこちん。

現在、ムーで連載開始。

作品はこちらです。

よかったらこちらもどうぞ。

2019年6月18日。 マツコの知らない世界~現代アートの世界~ 現代アートが、今、世界的ブーム! しかし、「現代...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告