マツコの知らないすいかの世界!音が美味しいスイカ&革命的品種

スイカ

2020年8月18日

マツコの知らない世界~すいかの世界

これまで1000玉以上スイカを食べる、スイカの絶対音感を持つ男性 佐藤洸さんが登場。

全国の農家さんを巡り、日々美味しいスイカを探し求めている方です。

佐藤さん曰く、「スイカは“音”に全ての魅力が詰まっている!」

叩く、切る、食べる、おいしい音が鳴るスイカ絶品3品種&革命的な最新品種を紹介してくれました。

スポンサーリンク
レクタングル大

マツコの知らない世界~すいかの世界

ふりや重石農園 日田 山田原すいか(大分)

叩いた時のボンボン音が胸躍る!

果肉が鮮やかな桃紅色で、大きな実になるのが特徴。

低温でボンボンと鳴るスイカは、中に空洞ができてい場合が多い。

実は、実や種の周りに空洞があったほうが美味しい。

栄養が多く入っていくことで、皮の成長に実の成長が追い付かず、空洞になる場合があるそうです。

ふりや重石農園では、あえてスイカの台木を使用。

甘みと味が濃くなり、皮付近までしっかり味がするスイカに。

かりゆしすいか農園 かりゆしすいか(沖縄)

切った時のブチぶち音がたまらない!

沖縄は、この時期昼夜の温度差が少なく、害虫の多さから最難関の地域。一年中暖かい気候のため、夏以外でも作られます。

かりゆしすいか農園は、一般の農家より根を10日以上長く育てることで、栄養を多く蓄えられるように。

切った時の音では、糖度ののりがわかると言います。

ブチブチ音がしないスイカは、水分量が多く、瑞々しいが糖度が控えめ。一気に包丁で切れやすく、パッチンと音がする。

ブチブチ音がするスイカは、適度な水分量で糖度がしっかり乗っているもの。切るときの抵抗が多少あり、ブチブチ音がなる。

笹原農園 尾花沢甘さ一番すいか(山形)

シャリシャリ音の最上級!

山形は寒暖差があり、スイカ栽培に適した気候。

有機物100%の肥料を使い、妥協しない土づくりにこだわり。

シャリシャリ感は、スイカの細胞のバランスが重要。

しかもシャリ感と、甘さの両方を追求するのは難しいと言われています。

金色羅皇

こんじきらおう

2021年発売、8年越しに糖度の壁を越えたと紹介されました。

黄色いスイカは赤色のスイカより、少し酸味があり、後味がさっぱりしたスイカ。

このスイカも、甘みがあっても後味はさっぱり。

ピノ・ガール

16年の歳月をかけて誕生した、種まで食べられるスイカ、

種が小さい品種。小玉スイカ。

スイカのタネには、ビタミンB6,葉酸、マグネシウムなどの栄養が含まれています。

実は種も食べたほうがいい!

ピノ・ガールのタネは、皮がうすく、大玉スイカの種の1/4サイズ。量も少なく、そのまま食べられます。

まとめ

夏のスイカ、おいしいですよね。

スイカには血流改善に効果があるシトルリンが豊富。むくみ解消や冷え改善に期待ができる。

トマトと同じくらいリコピンも含まれると言うことで、栄養豊富だったのですね。

最近のスイカは、カットスイカやすいかジュースが人気。

でも佐藤さんは、スイカの魅力は音に詰まっている、玉のスイカを買ってほしい!と主張。

美味しいすいかは、叩いた時の音のボンボン音が違うらしいですよ。

また、すいかは取り寄せがおすすめ。

音が美味しいスイカ3選は、こちらで取り扱いがあります。

ブランドスイカ専門オンラインショップ あまいスイカ

よかったらこちらもどうぞ。

2018年4月17日放送。 マツコの知らない、フルーツの世界。 8年間果実しか食べずに生きている男・中野瑞樹さんが再び登...
2019年3月5日 「マツコの知らないドライフルーツの世界」 「ドライフルーツ王子」と呼ばれた、専門店3代目店主・小島靖...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする