マツコの知らない美しい床の世界!今井晶子が押し床を紹介!板橋は床の美術館⁉

タイル床

2020年2月4日

マツコの知らない世界~床の世界

全国300か所以上の床を撮ってきた今井晶子さんが登場。

普段意識して見られることのない床。

欧州では床をインスタにアップする人も増えているとか。

今回、古くから美しく残り続けてきたレジェンド床を紹介してくれました。

スポンサーリンク
レクタングル大

マツコの知らない美しい床の世界

押し面

今井さんが応援したい可愛い床がこちら。

  • 愛知県 シューカドー
  • 愛知県 丸一ストアー
  • 東京都 四谷バル

こちらは丸一ストアーの床ですね。

京都 きんせ旅館

全国床マップの中でマツコさんも目を引いた、色々な色のタイルを組み合わせた床。

上野 喫茶古城

凝っている人工大理石を使った絵画のような床。

京王プラザホテル

車寄せの入り口の床。

色や形の組み合わせが複雑。職人の技が光るのに見られていない床。

新宿 紀伊国屋書店ビル

1964年、名建築家前川國男が設計した建物

4階の床。奥が紀伊国屋ホール。

シンプルな三角で、主張しすぎないモダンデザイン。

奥につながるために、少しずつ濃くなっているグラデーション。

俳優に例えると笠智衆さん。

板橋

レトロな床の美術館と紹介された、床の聖地・板橋。

歴史ある商店街・個人商店が多く残り、デザイン豊富な60~80年代の床が現存。

ハッピーロード大山の商店に、パンチが効いた床が。

「高級ドライクリーニング光」の床は、緑のチェックの床。

「およや文具店」の2階に向かう階段は、オレンジ色のかわいいデザイン。

「アライ精肉店」は、赤い床。精肉店は食欲をそそる、商品が映えるため、赤色・オレンジ色が多いそうです。

希少なレジェンド床

見つけたら奇跡!

三軒茶屋の「喫茶セブン」は、店主が45年前にDIYで床材を貼って間違えているのでレア。

また、同じタイルでも、使い方が違うタイルも希少。

同じ柄の色違いの床を、違う場所で見つけることも。

ある床の模様を探して宮城まで行きましたが、今回は探せませんでした。

今井晶子さんの本

足の下のステキな床

各地に残る、昭和の古い建物の喫茶店、遊技場、マンション、ビルの床や階段の写真、189点を掲載。

アールヌーボー、ジオメトリック、ハニカム、花柄、モザイクタイルなど。

1970年代を中心とした、華やかでキッチュでかわいい足下写真集。

まとめ

「マツコの知らない世界」にふさわしい、マニアっぷりが素敵な方でした。

全国には美しい床がたくさんありましたね。

明日からはどこに行くにも、床が気になっちゃうかも。

色違いのタイルを見つけたら、是非教えてあげてください。

よかったらこちらもどうぞ。

2018年9月18日放送「マツコの知らない世界」 ステンドグラス職人の越前谷典生さんが登場。 思わず立ち止まりたくなる、ステンド...
2017年12月5日の、マツコの知らない世界 「街に出たくなるマンホールの世界」 マンホールブーム到来! 全国に1200...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする