得する人損する人、余り物でイタリアン!冷凍うどんでパスタ、ご飯でサラダ

2018年7月5日放送。

余り物で本格イタリアン。

ダレノガレ明美さんのご実家で、小林幸司シェフが挑戦。

本格イタリアンを30分で作れるのか?

シェフの考えたメニューを、お母様が作ります。

・前菜 サラダ

・パスタ 冷凍うどんでパスタ

・メイン ピザ風本格イタリアン肉団子

スポンサーリンク
レクタングル大




冷凍うどんでパスタ ウンブリケッリ

作り方

1、ベーコンをなるべく小さく切る。火の通りが早いように。

2、ニンニクも小さく切る。

3、鯵の干物を焼く(半身)。アンチョビの代用です。

4、ベーコン、ニンニク、鯵の干物をほぐしたものをカリカリに炒める。

5、キャベツを2枚を切る。

6、冷凍うどんを茹でる。キャベツも一緒に。塩を入れません。

7、4に6を入れる。

8、炒めず、素材から出た油を麺に絡ませる。

9、粉チーズとオリーブオイルかける。

ポイント

ウンブリケッリは、イタリア・ウンブリア州の郷土パスタ。卵を使わないうどんのようなモチモチ麺です。

キャベツは葉脈を切ると、水分が抜けやすい。

うどんを炒めると焼きうどんになるので、炒めないでソースを吸わせる。

米のサラダ インサラータ・ディ・リゾ

作り方

1、ご飯を水で洗う。

2、ご飯にオリーブオイルをかけ、冷蔵庫へ。お米がパラパラになります。

3、玉ねぎ、ちくわ、こんにゃく、二十日大根の漬物、わかめを合わせる。

4、チーズ、酢、ご飯も混ぜる。

ポイント

インサラータ・ディ・リゾは、ご飯にドレッシングを染み込ませて、生野菜や海産物を混ぜるイタリアンサラダです。

冷蔵庫でお米を乾燥させるとパラっとした食感に。

混ぜる時は、練らないように。

ピザ風本格イタリアン ポルペッティーニ

作り方

1、合挽肉200g、カボチャ煮3個、肉じゃがのジャガイモ3個、ひじきの煮物50gを混ぜる。

2、小麦粉をまぶした肉団子を焼く。

3、チーズを入れる。

4、焼いたしめじ、じゃこ&ベーコン、鮭フレークをトッピング。

ポイント

ポルペッティーニは、イタリア家庭料理の定番の肉団子。

お肉を食べないお孫さんのために、イタリアの肉団子をピザ風にアレンジ。

肉の味がダメなのではなく、ビジュアルがダメ。好きな和風の味で肉を隠すアイデアでした。

まとめ

今回の検証は、

一流シェフは、家庭の冷蔵庫にある食材だけで、主婦ならだれでもマネできるやり方で、お店のような本格ディナーを30分で作れるのか?

でした。

シェフは指示だけ。お母様が全部作りました。

ダレノガレ明美さんのお母様は、とてもマイペースな方でしたね。

残念ながら、最後のメインの途中でタイムアップしてしまいました。

でも3つ作っても、40分はかからないのではないかしら?

私も作ってみようと思います。

作ってみました

冷凍うどんでパスタ ウンブリケッリ

ベーコンとニンニクをみじん切りにして、カリカリに炒めます。

アジの干物の代わりに、へしこを使いました。

へしこって何?という方はこちらをどうぞ。ケンミンショーへしこは福井熱愛!鯖のぬか漬ってどんな味?食べ方は?

冷凍うどんと、切ったキャベツを茹でます。

茹でた冷凍うどんとキャベツを加えます。

粉チーズとオリーブオイルを混ぜて、出来上がり。

うどんはうどんですが、イタリアンの味です。

本場のウンブリケッリを食べたことはないのですが、近いのかな?

簡単にできて、美味しかったです。

米のサラダ インサラータ・ディ・リゾ

ご飯を洗います。

ご飯にオリーブオイルをかけ、冷蔵庫に入れます。

ご飯に、わかめ、玉ねぎ、キュウリ、チーズを合わせ、酢を混ぜて出来上がり。

さっぱりしていて美味しかったです。

ただ、ご飯のサラダと言うよりも、洋風なお寿司のようでした。

ご飯の量をもう少し減らしたら、サラダっぽくなるかな。

みなさんも作ってみて下さいね。



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする