ソレダメ 肩こり解消法・予防法まとめ・肩まわし&モヤモヤ血管治療法

肩に手を置く女性

2019年8月21日

国民病・肩こりの新常識

国内で約2400万人が悩んでいると言われ、頭痛・めまい・うつ・不眠の原因に…。

しかし奥野祐次先生は、適切な対策をすると肩こりは100%改善すると言います。

簡易肩こり度チェックや、日常からできる予防法などをまとめてお伝えします。

スポンサーリンク
レクタングル大

日常生活で出来る肩こり予防法

肩こり度チェック

  1. 顔を真っ直ぐにして、体の前で腕を揃える
  2. 肘をつけたまま腕を上に上げる

椅子に座って行います。

肘が鼻の高さまで上がらない人は、重度の肩こりの可能性大。

1番の予防策は、毎日を姿勢を正すこと。

スマホの使い方

スマホの操作は片手ですること。

スマホを操作していない方の手を、スマホを持っている方の肘の下のはさむと、自然と画面の向きが上がるので、うつむき姿勢が改善されます。

かばんの持ち方

かばんを肩にかける場合、取っ手を前に押し出すと肩の重みが軽減されます。

リュックの場合、肩ひもを前に押し出すように持つこと。

洗い物の姿勢

流しの近くに踏み台を置いて、片足を乗せて洗い物をすること。

流し台との距離が開き、背筋を貼り、うつむきが軽くなります。

肩こりの原因と解消法

肩こりは、カチカチ筋肉と血管の異常が原因。

カチカチ筋肉

肩に負担がかかると、血管が拡張し、血液が増加。

膜で密封された筋肉が、血液の増加でパンパンに張ってしまうのが、カチカチ筋肉。

神経を圧迫し、痛みの原因となります。

特に痛みを感じやすいのが僧帽筋です。

カチカチ筋肉の解消法

肩まわし

肩こり解消には、叩かない事。かえってパンパンに腫れます。強くもむのも×。

肩を回すのはOK。

肩に手を押すと、肩甲骨がよく動きます。

  1. 手を肩に置く。
  2. 肘で円を描くように大きく回す
  3. 5~10回内回り、外回り。1回ずつ行います。

鎖骨の下をほぐす

鎖骨の下のある肋骨の動きが悪くなり、肩こりが悪化させます。

肋骨が動かなくなると筋肉もかたまり、僧帽筋に負担がかかります。

鎖骨の下のろっ骨を円を描くように、内側から外側にほぐす。

左右一往復ずつ行います。1日3回くらい。

凝っている人は痛みを感じます。

モヤモヤ血管

血管が破損すると、傷ついた血管を補うため、毛細血管が増加。

これがモヤモヤ血管の正体。

モヤモヤ血管ができると、神経も一緒にできてしまい、痛みの原因になります。

長引く痛みの約9割がモヤモヤ血管。

特に40歳以上にできやすく、四十肩・五十肩の正体。

お風呂でやるマッサージは最悪。もむとモヤモヤ血管雄血流が増え、より痛みが悪化します。

特徴は

  • 動いていないのに痛みがある。
  • ケガがきっかけで痛みが出た
  • 押すと痛い場所がある

モヤモヤ血管の解消法

カテーテル治療

カテーテル治療で改善できます。

1時間ほどの手術で、ほとんどの人が改善します。

費用は片方の肩で 295000円、両肩で365000円

10秒間指圧

自宅でできる方法。

血流を一時的に止め、モヤモヤ血管を減少させます。

軽い力で押し続けると、一時的に血液がいかなくなります。

モヤモヤ血管は外からのダメージに弱いので、ある程度は減っていきます。

手が届かない場所は、傘の取っ手などで押しても効果があります。

予防に効果的な食べ物

納豆、枝豆、おから、アーモンドなど。

タンパク質と食物繊維を同時にとれる食品。

代謝が悪いとモヤモヤ血管ができやすいので、タンパク質で代謝を良くします。

便秘は血液の循環を悪くし、余計な血管を増やす原因になります。

奥野祐次先生の本

肩こりの新常識を教えてくれた奥野先生は、オクノクリニック院長。

世界で初めてモヤモヤ血管治療を実証し、世界でも注目されています。

モヤモヤ血管の本を出版しています。

よかったらこちらもどうぞ。

2018年3月14日放送。 話題、大注目の体操、筋膜リリース 竹井仁教授に教わります。 筋膜が自由に動かせるようになると、...
2018年11月26日放送。 体の悩みを「食」で改善! 今まで通りの食事で、塩分多いものも甘いものも我慢せず、健康を目指す! ...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告