林修の今でしょ講座!じゃがいもで健康長寿、ビタミンCがとれる調理法は?

籠に盛られたじゃがいも

2019年5月7日。

じゃがいもで寿命100歳⁉

健康寿命を延ばす食べ方が分かる「じゃがいもテスト」を開催。

健康長寿の方が5月によく食べる野菜はじゃがいも。

フライドポテト、コロッケ、肉じゃがなど日本人の食卓に欠かせないじゃがいもをテーマにした特別講座です。

じゃがいもの持つスゴい健康パワー&正しい調理法をお伝えします。

スポンサーリンク
レクタングル大

じゃがいもテスト

ビタミンCは何を守る?

100gあたりのビタミンC含有量は、レモン100㎎、みかん32㎎、じゃがいも28㎎。

じゃがいものビタミンCは、血管を守ります。血管の中の活性酸素を撃退。

ジャガイモ収穫量全国3位の長崎県で、農家の方の血管年齢を測定。みなさん血管年齢が若かったです。

「じゃがいもとベーコンとほうれん草のソテー」は、じゃがいもとほうれん草の風味がマッチ。

ビタミンCの性質

一般には、ビタミンCは熱に弱い栄養素。

しかし、じゃがいものビタミンCは、加熱しても損なわれにくいです。

デンプンがビタミンCを守るためです。

栄養たっぷりの料理は?

料理によって、ビタミンCがとれる量が変わります。

じゃがいもを茹でると、ビタミンCが茹で汁に溶けだしてしまいます。

茹で汁と一緒に食べる料理が、ビタミンCを多くとれます。

料理のポイントは、大きめに切る事。カレーを作るなら、大きいじゃがいもで。

ビタミンCを効率よくとれる調理法は?

皮ごと茹でるか、洗わずに茹でる、切ってから茹でる、どれが1番いいか?

栄養を逃さないためには、皮ごと茹でること。

・じゃがいもの皮が、ビタミンCの流出を防ぐ。

・皮や皮の近くは、ビタミンや食物繊維が豊富。

1番よい加熱方法は電子レンジ。加熱時間が短いので、1番ビタミンCが残ります。

電子レンジ調理した「じゃがバター」がオススメ。

じゃがいもは脂質が少ないので、バターを乗せると栄養バランスアップ。

新じゃがが優れているところは?

普通のじゃがいもよりも、ビタミンCが豊富。

100gあたりのビタミンCは、じゃがいも28㎎、新じゃが約50~60㎎。

ビタミンCは収穫後に減っていくので、とれたての新じゃががビタミンMAX。

じゃがいもの皮を食べると増えるのは?

肌の良いコラーゲンが増える可能性があります。

昨年発表の最新研究(東京工科大学とカルビー株式会社の研究)で判明。

まだ研究段階ですが、コラーゲンが増えるのは嬉しいですね。

まとめ

じゃがいもは加熱してもビタミンCが残りやすい。

ビタミンCは茹でると水に溶けるので、カレーなど鍋で調理する調理がオススメ。

ポテトチップスは短時間で揚げるので、結構ビタミンCが残っているそうですよ。

また、じゃがいもで太るイメージは誤解。

100gあたりのエネルギーは、じゃがいも81~85㎉。白米は168㎉。

米の半分くらいのエネルギーで、満腹感をえやすい食材なのですって。

よかったらこちらもどうぞ。

2019年2月19日。 ビタミンやたんぱく質、カルシウムなど栄養素が豊富なキウイ。 食べ合わせで栄養効果がアップ⁉ ・キウ...
2019年2月19日。 健康にいいあんこは、ポリフェノールと鉄分豊富。 そして実は太りにくい? 健康長寿も食べているあんこ...
2019年2月19日。 最近売り上げが急増している、注目食品アボカド。 安くて手軽なのに、健康パワーが詰まった食材。 ギネ...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告