沸騰ワード10、廃道600制覇!石井あつこは街の変わり者

2019年2月8日。

今回の街の変わり者は何者?

石井あつこさんは、独身女性・一人暮らし。

早朝から活動。千葉県の謎の穴を見つけては入りまくる⁉

同行したリポーターの朝日さんが「どうやって帰るの~」と涙目になるくらい、細い道を突き進みます

実は、全国の廃道およそ600か所を踏破した変わり者でした。

スポンサーリンク
レクタングル大




街の変わり者大調査

興津東隧道

早朝から、千葉県房総半島の山中へ。

リュックの中身は、夢と希望とヘルメット。

山をかき分けて向かった先は、真っ暗な穴?

ここは、「興津東隧道(おきつひがしずいどう)」

隧道=トンネルといっしょ。もう使われなくなった、勝浦と鴨川をつなぐ峠です。

明治に造られましたが、昭和28年の道路法制定によって、新しい道路が建設され、廃道になりました。

石井さんが年に1度は訪れるという、お気に入りの場所。

木和田隧道

千葉県君津市。

穴の中には階段。中は丸くない五角形の掘方=観音堀り。

ニゴ穴

石井さんが房総半島に来たら、行かないでは帰れないという場所。

崖を下って、川べりを進むとある小さな穴。

人一人が掘って入れる大きさで、「ニゴ穴」と呼ばれます。

山越えをしなくても済むように作られた、作業用の道ですって。

穴の先には空間が広がっていて、キレイな滝が見られます。

川の流れを変えるための「川まわし」という土木工事をした場所でした。

廃道マニア

またスゴイ変わり者が登場しましたね。

調べてみましたが、使われなくなった道=廃道(obsolete road)。

廃道を好んで探索する人=オブローダー(ob-roader)というらしいです。

石井あつこさんはオブローダー。13年前から廃道にはまりました。

彼女のサイトはこちら「トリブログ

石井あつこさんは、廃道の本も出版されています。


廃道を歩く 地図で楽しむ「忘れられた道」 [ 石井あつこ ]


廃墟賛歌 廃道クエスト Obroad Quest [DVD]

ちなみに「ヨッキれん」さんという方も、オブローダーとして有名。

廃道探索レポートサイト「山さ行がねが

廃道は、教科書には載らない歴史の礎。

朝日さんも感動していましたね。

自分も廃道を歩いてみたいと思った方、千葉には廃道が多くあるそうですよ。

行く時は、もう使われていない道なので、十分気を付けて下さいね。

よかったらこちらもどうぞ。

沸騰ワード10、電気代0円生活、藤井智佳子の団地暮らしマネできる?

沸騰ワード10、タダグルメハンター第2弾!テナガエビ&ダイナンギンポ&イソガニ

沸騰ワード10、365日野草生活OLは街の変わり者、実はおいしい野草ベスト5



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする