ヒルナンデス 家政婦マコさんレシピ!重曹で肉を柔らかくする技&時短節約料理まとめ

2019年10月23日

作り置き専門の家政婦マコさん。

早業で3時間で20品以上も作ります。

今回は好き嫌いが激しいお子さんのために、苦手を克服する料理を作ってくれました。

マコさんが作った料理をお伝えします。

また、今までマコさんがヒルナンデスで作ったレシピで、自分で家で作ってみた料理を合わせてお伝えします。

参考にしてください。

  • 2019年10月23日放送まとめ
  • 肉を重曹で柔らかくするワザ
  • 無限オクラ(2019年5月29日放送)
  • マコさん流チーズドック&ふりかけラスク(2019年3月6日放送)
  • 厚揚げ節約ミートソース&厚揚げ麻婆豆腐(2019年2月20日放送)
  • サバ缶&おでんアレンジ&みかんカルパッチョ(2019年1月16日放送)
  • うどんギョーザ(2018年11月21日放送)
  • 栃木の人気給食「インド煮」(2018年10月10日放送)
  • チョコとおからのケーキ(2018年8月29日放送)
  • たくあんサラダ(2018年7月18日放送)
  • トマトとみょうがの和風ソース(2018年7月18日放送)
  • 簡単デザート、マシュマロムース&フルーツポンチ(2018年7月18日放送)
  • ポリ袋湯煎レシピ・オムライス&パンプディング(2018年5月9日放送)
  • ポリ袋湯煎レシピ・チーズダッカルビ&筑前煮(2018年4月4日放送)
  • ハッセルバックポテト(2018年1月24日放送)
スポンサーリンク
レクタングル大

2019年10月23日放送レシピ

秋鮭とカブの麻婆豆腐風

  1. しいたけ、エリンギをみじん切り。
  2. 皮なしの生鮭をポリ袋に入れもんでつぶす。
  3. フライパンに1と2、にんにく、しょうがをいれ、水をひたひたに入れて煮込む。
  4. 皮つきのカブを切っていれる。
  5. 味噌をとき、水溶き片栗粉でとろみをつける。

なすの鮭ホタテサンド

  1. なすを太めの輪切り。
  2. 片栗粉をまぶしてフライパンで焼く。
  3. ホタテと鮭ミンチを合わせ、なすに乗せ、さらになすを乗せてサンドする。
  4. 片栗粉・醤油・みりんを合わせた調味料を絡める。

鮭のふわふわハンバーグ

  1. 鮭ミンチとはんぺんをポリ袋で混ぜる。
  2. エノキのみじん切りを入れて混ぜる。
  3. 丸めてハンバーグにして、両面焼く。

鮭皮とキュウリの柚子胡椒和え

  1. キュウリを千切り。
  2. レモン汁でもむ。
  3. ごま油を引いたフライパンで鮭の皮をカリカリに焼く。
  4. ゆず胡椒、酢、醤油を混ぜてキュウリにかける。
  5. 鮭皮を合わせる。

柔らか豚ロースのごぼうバターソース

  1. ボールに水、塩、重曹を入れる。
  2. ポリ袋にとんかつ用の豚肉と、1を入れ、冷蔵庫で2時間寝かせる。
  3. フライパンで焼く。
  4. ごぼう、バター、みりん、しょうゆ、砂糖で煮詰める。

重曹はアルカリ性なので、肉の繊維を壊して柔らかくする効果があります。

塩は保水性があるので、肉がジューシーに。

包まないズボラオムレツ

  1. なすとトマトを刻んでバターと炒める。
  2. 豚肉をハサミで切って入れて炒める。
  3. 卵に豆乳を入れ、塩と粉チーズを振りかけて混ぜる。
  4. 卵をふわっと炒め、2の具を入れて折りたたむ。

包まずギョーザ

  1. ポリ袋にひき肉、みじん切りのしいたけとごぼう(さらしておく)を入れてもむ。
  2. フライパンにぎょざの皮を並べる。
  3. 1に、しょうゆ、ごま油、片栗粉を入れて混ぜる。
  4. 2に3を山盛り乗せる。
  5. ぎょざの皮ではさむ。
  6. 水を加えて蒸し焼き。

さけときのこの炊き込みご飯

  1. 炊飯器に、水、米、ポン酢を入れる(量はそのまま飲んでもおいしいくらい)。
  2. 鮭とホタテをそのまま入れる。
  3. エノキを刻んで入れる。
  4. サツマイモをホイルで包んで入れる(別の料理に使う)。
  5. 1時間炊く。
  6. サツマイモを取り出して混ぜる。

ポン酢は炊き込むと酸味は消えます。

しょうゆやだしが詰まっているので、これ1つで味が決まります。

いただき(鳥取県の郷土料理)

  1. 米に、刻んだニンジンとシイタケを入れる。
  2. 油揚げを半分に切って1を詰め、つまようじで刺す。
  3. 炊飯器にめんつゆと水を入れ、油揚げを敷き詰める。
  4. 1時間炊く。

豚バラ肉とキュウリのスープ

  1. キュウリをピーラーでそぎ、沸騰した鍋に入れる。
  2. 豚バラ肉をハサミで切って入れる。
  3. 和風だし、レタス、醤油、ごま油を入れる。

豚バラ肉とさつまいもの大学芋風

  1. 炊飯器で炊いたサツマイモを切る。
  2. フライパンに入れ、豚バラ肉も入れて火を通す。
  3. みりん、しょうゆを絡める。

作ってみました

肉を柔らかくするワザ

お肉が重曹で柔らかくなるって、知ってましたか?

気になったので、試してみました。

家に重曹は掃除用しかないので、新しく料理用を買ってみました。

1箱80円くらいだったかな。

ボールに水を入れて、塩を重曹を溶かします。

マコさんは目分量でやっていたようですが、私は水400㏄に塩小さじ1、重曹小さじ1を溶かしました。

重曹を水に溶かすところ

この重曹水で「柔らか豚ロースのごぼうバターソース」を作ります。

材料…豚ロース肉、ごぼう、バター、みりん、しょうゆ、砂糖

ポリ袋に、豚ロース肉と重曹と塩を溶かした水を入れて、冷蔵庫で2時間寝かせます。

肉を重曹塩水につけるところ

マコさんは、漬けた後、そのまま焼いたのかな?

重曹って苦いイメージなので、私は軽く水で流して拭いてから焼きました。

豚肉を焼くところ

途中で、斜め切りのごぼうと調味料も入れて、両面焼きます。

ごぼうと調味料を入れて焼いているところ

出来上がり。

盛り付け

早速食べてみると、うん、お肉はしっとり柔らか。

豚肉ってしっかり火を通さないといけないので、固くなりがちなんですよね。

でも、この重曹塩水でつけたお肉は、確かにいつもより柔らかかったです。

ごぼうと豚肉の味付けも、おいしかったです。バターは多めが美味しいですね。

お肉を柔らかくしたいときは、重曹塩水を使っていこうと思います。

簡単だし、重曹は安いし、今度はとんかつでも試してみようと思います。

無限オクラチーズ

材料…オクラ1パック、スライスチーズ1枚

無限に食べられオクラレシピの一つ、無限オクラチーズを作りました。

これはとても簡単で美味しいです。

1、オクラの上にチーズを乗せてレンジで加熱。

2、醤油とかつお節をかけて出来上がり。

オクラは刻んで食べるばかりでしたが、これはまた作ります。

他にマコさんが紹介した、無限オクラレシピはこちら。

  • 無限ペペロンチーノオクラ…オクラとオリーブオイル・にんにくを炒め、鷹の爪と鶏がらスープの素を入れ、仕上げにコショウをふる。
  • 無限オクラツナマヨ…ツナとオクラとマヨネーズを和える。
  • 無限さっぱりオクラ…刻んだオクラに、お酢と醤油とかつお節をかける。

マコさん流チーズドック&ふりかけラスク

  • チーズドッグの材料…食パン2枚、さけるチーズ1本
  • ふりかけラスク…パンの耳、ふりかけ

1、さけるチーズを2つに裂きます。

2、耳を切った食パンをぎゅっとしてから、チーズを巻きます。

3、揚げた時にはがれないように、ぎゅっと押さえます。

4、パン粉をつけます。

5、油で揚げます。

切り落とした食パンの耳も、一緒に揚げました。

6、ちょっと焦げちゃったけど、出来上がり。

揚げたてすぐは、チーズもちゃんと伸びますよ。面白ーい。

冷めるとチーズが固まって伸びなくなります。

そのままでも、ケチャップをつけても美味しいです。

チーズドックと一緒に揚げたパンの耳に、ふりかけをかけます。

揚げたパンの耳というと、砂糖をまぶすのが定番。

でもこれは、しょっぱい系のパン耳おやつ。まさか、ふりかけをかけちゃうとはびっくり。

ふりかけは、揚げたてすぐにかけましょう。

私は少し時間がたってからかけたので、全然からみませんでした…💦

厚揚げレシピ

節約ミートソース

材料…厚揚げ、ひき肉、トマト缶、中濃ソース、ハム

1、ポリ袋の中で厚揚げを潰し、挽肉を混ぜます。

2、袋のままトマト缶、中濃ソースで味付け。厚揚げ2つ、挽肉1パックで、かなりの量になりました。

3、半分の量を、フライパンで炒め、トマト缶を加え、刻んだハムも加えます(半分は厚揚げマーボー豆腐に使います)。

トマト缶の量が少なすぎたかも💦

4、自分のアレンジでナスも一緒に炒めて、ナスミートにしました。

マコさんはもっと厚揚げを細かくして、トマト缶多めで作っていたと思います。

でも、これはコレで美味しかったですよ。

厚揚げマーボー豆腐

材料…節約ミートソースの材料+みそ、鶏がらスープ、生姜、ネギ

節約ミートソースと途中まで同じ(ポリ袋の中で厚揚げをつぶし、ひき肉、挽肉、トマト缶、中濃ソースで味付けまで)。

フライパンで、みそ、鶏がらスープ、生姜、刻んだネギを加えて炒めます。

私は赤味噌を使ったので、ちょっと色濃く仕上がりました。

味噌入れすぎたかな。少ししょっぱくなったので、砂糖も足しました。

厚揚げと言われないとわからないと思います。

辛くないので麻婆豆腐とは別物ですが、ご飯に合うおかずになりますよ。

サバマーボー(サバの味噌煮缶の麻婆豆腐)

材料…サバの味噌煮缶、カブの葉、豆腐、ごま油、にんにく、しょうが、中華だし、オイスターソース、片栗粉

1、味噌のサバ缶はフライパンで炒めます。

2、刻んだカブの葉も炒めます。

3、切った豆腐を入れます。

4、ごま油、にんにく、しょうが、中華だし、オイスターソースを入れて火を通します。

5、水溶き片栗粉でとろみをつけて出来上がり。簡単にできました。

缶詰は味噌味がついているので、味付けは少しでいいと思います。

缶詰はそのまま食べてばかりでしたが、こうしてアレンジするもの良いですね。

エスニック風おでん

材料…残り物のおでん、レモン、パプリカ、オイスターソース

夕飯がおでんだった翌日に作りました。

1、おでんにレモン汁も、パプリカも入れて加熱します。

2、味付けでオイスターソースも加えます。

3、レモンの輪切りを乗せて出来上がり。

「エスニックおでん」というほどエスニック感はないです。

レモンでさっぱりするので、出汁が凄く美味しいと思いました。酸っぱいもの好きなので。

おでんに飽きたら良いかもしれません。

みかんカルパッチョ

材料…みかん、塩コショウ、パセリ、オリーブオイル

1、皮を向いたみかんを輪切り。

2、塩コショウして、パセリとオリーブオイルをかけて出来上がり。

これどうよ? と思って作りましたが、さっぱりして美味しかったです。

みかんだけだ淋しいですが、お刺身など一緒にしても美味しいかも。

みかんとオリーブオイルって、大丈夫な組み合わせだったのですね。

うどんギョーザ(大阪ご当地グルメ)

材料…ニラ、茹でうどん、豚ひき肉、卵、ごま油、好みの調味料(醤油、オイスターソース)

1、ニラは根元をみじん切り、葉先はざく切りにします。

2、うどんは袋ごと、包丁の背で押し付けて切ります。

3、ボールに、ニラ、豚挽肉、うどん、生卵、調味料、ごま油を入れて混ぜます。

味付けはお好みでいいと思います。今回は醤油、オイスターソースにしました。

4、フライパンに広げ、ごま油で両面こんがり焼きます。

5、出来上がり。ニオイは餃子、見た目はチヂミ。簡単にできました。

餃子のように、酢醤油で食べました。とても美味しかったです。

マコさんは大きなサイズで作っていましたが、一口サイズに焼いてもいいですね。

ひっくり返すときにバラバラになりやすいので、よくこねてまとめた方がいいと思います。

少ない材料で簡単に作れるので、また作ります。

インド煮

栃木県の人気給食。

和風の具材の煮物に、ケチャップとカレー粉を入れるのが特徴です。

マコさんの味付けでは、調味料はカレー粉だけしか映っていなかったですが、私はこの材料で作りました。

材料…豚肉、大根、ニンジン、こんにゃく、ちくわ、ウズラの卵、じゃがいも、醤油、砂糖、みりん、酒、コンソメ、ケチャップ

1、まずは豚肉を炒めます。

2、水と切った具材、調味料を入れて煮込みます。

3、煮えてから、カレー粉を入れます。

4、出来上がり。

にんじんとじゃがいもはともかく、大根、こんにゃく、ちくわがカレーと合うとはびっくり。

意外な組み合わせですが、これはかなり美味しかったです。

特にウズラの卵やジャガイモは、子ども受けが良さそうですね。

普通の煮物に飽きた方、オススメですよ。

チョコとおからのケーキ

分量は詳しく言っていなかったので、以下の分量で作りました。これだと甘さ控えめかな?

  • ホットケーキミックス 1袋150g
  • 牛乳 150㏄
  • 卵 1個
  • おから粉 大さじ2
  • 板チョコ 1枚と1/3

1、まずレンジでチョコを溶かします。

2、ホットケーキミックス・おから・牛乳・卵を混ぜます。

おからは、このおからパウダーを使いました。

3、溶かしたチョコレートを入れます。

4、マコさんはクルミを入れていましたが、私はアーモンドを刻んで入れました。

5、炊飯器にセット。

6、40分で出来上がり。

7、ひっくり返せば、簡単に炊飯器から出すことができます。

うちの炊飯器は「ケーキ」というメニューがあるので、それで40分焼きました。

蒸しパンのような仕上がりになります。

もっと、チョコが多かったのかな?

クリームやアイス、チョコソースなどをトッピングすると、デザートっぽくなると思います。

炊飯器に「ケーキ」のメニューがあるけれど、普段全然使っていませんでした。

簡単なので、また作ります。

トマトとたくあんのマヨネーズサラダ

材料は、トマト、玉ねぎ、貝割れ、たくあん、マヨネーズ

1、野菜をカット。

2、たくあんは細切りにして、野菜とマヨネーズといっしょにポリ袋で混ぜます。

3、出来上がり

まったく食べたことのないサラダです。

たくあんとトマト、意外と合うんですね。

貝割れと玉ねぎは、もっと入れた方がよかったかな。

トマトとみょうがの和風ソース

材料…トマト、ミョウガ、小葱、白だし

1、湯抜きしたトマトをざく切り。

2、みょうがはみじん切り。

3、根ショウガじゃなくて新ショウガのみじん切りと、小葱の小口切りを加えました。

使った白だしは、ミツカンです。

4、混ぜて冷やして出来上がり。

さっぱりして、そのまま食べても美味しいです。

マシュマロのヨーグルトムース

材料は、マシュマロ、無糖ヨーグルト、好みでジャム。

1、マシュマロを容器に入れます。

家にあったマシュマロがかなり大きめの物だったので、半分はちぎって小さくして、半分は大きいまま使いました。

2、容器にマシュマロと無糖プレーンヨーグルトを入れて、冷蔵庫で冷やします。

3、出来上がり。

下の写真が約4時間後。見た目、あんまり変わってないですね。

食べてみると、確かにシュワシュワします。

マシュマロの周りがシュワシュワして、真ん中はちょっと固くなった感じ。

なんでしょう? とても不思議な食感です。

このままさらに一晩漬けてみました。

ちぎったマシュマロの方がヨーグルトと一体化して、本当にムースっぽくなっています。

大きいマシュマロは、1晩たってもマシュマロはマシュマロのままですね。

これはこれで美味しいです。

そのままでも甘いですが、ジャムをかけても美味しいです。

フルーツポンチ

材料…ミニトマト、キウイ、水、砂糖、レモン汁

ミニトマトの皮をむいて、切ったキウイと合わせました。

水に砂糖とレモン汁を入れて、シロップにします。

簡単にすぐできました。

砂糖の分量が適当で甘くなかったせいか、あまりデザートっぽくならなかったです。

砂糖は多めがオススメです。

作り置きじゃないなら、砂糖水じゃなくて、サイダーを使った方が美味しいかも。

トマトの赤とキウイの緑で色がキレイ。パインの黄色があったらもっと映えますね。

ポリ袋湯煎レシピ オムライス&パンプディング

マコさんお得意のポリ袋を作った時短料理。

細かい分量は出てこなかったですが、自分はこの分量で作りました。

  • オムライス…卵2個+ハム2枚+ご飯1膳+塩コショウ
  • パンプディング…卵1個+牛乳1/4カップ+砂糖大さじ1+食パン1枚

1、お鍋に皿を敷いて、お湯を沸かします。

2、袋を材料を入れて、よく混ぜます。

写真は、右の大きい方がオムライス、左の小さい方がパンプディングです。

3、15分茹でます。

お皿が入っているので、結構ゴボゴボいうのですよ。拭きこぼれやすいので、お鍋はもっと深い方がオススメです。

4、15分たったら、袋を取り出します。

5、オムライスを盛り付けて出来上がり。

下の写真はオムライス。わざとケチャップ抜きで作りました。

少し千切れてしまいましたが、美味しかったです。

でももっと、半熟の方が好みかな。次は時間短めにします。

6、パンプディングの出来上がり。

ちゃんとと、デザートになっていました。美味しかったです。

同時に何品も作れて、洗い物が少ないのが嬉しいですね。

ポリ袋を使う注意事項は、

  • 鍋底にポリ袋がつくと破れるので、底に皿を敷くこと。
  • ポリ袋は丈夫なものを使うこと。
  • 袋の口をしっかり縛ること。

ポリ袋湯煎レシピ チーズダッカルビ&筑前煮風

具材と調味料をポリ袋に入れて、15分で完成。

チーズダッカルビと筑前煮風は、別々の袋で用意して、一緒の鍋で茹でました。

チーズダッカルビは本当は鶏肉とピーマンを使いますが、豚肉とパプリカで代用しています。

  • チーズダッカルビの材料…玉ねぎ・パプリカ・豚肉、ケチャップ・焼肉のたれ・チーズ
  • 鶏肉と根菜の筑前煮風…鶏モモ肉、ゴボウ、人参、ニンニク、醤油、砂糖

1、材料をカット

パプリカはこうやってそぎ切りにすると、確かに種が飛び散りません。

2、材料と調味料をそれぞれポリ袋を入れます。ダッカルビの具とチーズは別の袋で用意。

3、袋をきつく縛ります。

4、お皿を下向きにして鍋に入れ、お湯を沸かします。

5、ポリ袋も入れます。

6、後からピザ用チーズも入れます。

7、筑前煮風出来上がり。

8、チーズダッカルビは後からチーズをかけて、出来上がり。

ダッカルビの方が量が多かったので、時間は長めにしました。チーズは5分位で溶けます。

豚肉でもおいしかったです。

袋から取り出してすぐは、具材が一つに固まった感じになっています。お皿の中で、よくほぐします。お肉も野菜も十分火が通って、味がしみていました。

ハッセルバックポテト

材料…ジャガイモ、ベーコン、ピザ用チーズ、オリーブオイル

1、ジャガイモの下に2本の割りばしを置いて、輪切りの切り込みを細かく入れます。

割りばしのおかげで、下まで切れず、切り込みを入れることができます。

2、ベーコンをカット。袋の上から切るのがマコ流。ベーコンだけが切れます。

3、ジャガイモの切り込みに、ベーコンを詰めます。

4、ピザ用チーズをたっぷりかけて、オリーブオイルもたらします。

5、容器ごと、オーブントースターで7分焼きます。

マコさんは3分で焼いたみたいですが、全然焼けなくて7分位かけました。

ジャガイモ、ベーコン、チーズで、美味しくないわけがない! うちの定番にします。

家政婦マコさんの本

お馴染み、家政婦マコさんはタスカジさん。

タスカジはリーズナブルな値段設定の、家事代行サービス。

家政婦の派遣業とは違って、家政婦さんと家政婦をお願いしたい家を引き合わせる、マッチングサービスです。

家事代行は一回の利用料金の平均は1万円が相場の中、マコさんは3時間で6900円(交通費は別途)

マコさんは栄養士の資格を持ち、保育園で働いていたこともある実力の持ち主。

マコさんアイデア料理が知りたい方は、レシピ本はこちらです。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告